ウーマン

胸に脂肪注入ぢてバストアップを図る|新技術でボンキュッボン

安全性が高い痩身施術

医者

脂肪溶解注射に使用される薬剤は、大豆アレルギーを持つ人が施術を受けた場合には、アレルギー反応が出ることがありますので、アレルギーを持つ場合には、あらかじめ医師に確認をするようにしましょう。治療については、事前にカウンセリングを受けるようにしましょう。

Read More..

術後の感度と定着率

レディ

術後の感度が心配なら

胸を大きくする治療法はたくさんありますが、術後の感度が心配なら脂肪注入法がぴったりです。どの豊胸術も、医学的には神経が傷つかない限り感度が鈍くなることはありえません。けれど豊胸バッグを挿入する治療法は、神経を傷つける可能性が一番高く「術後に感度が鈍くなった」と不満を感じる患者さんも少なくありません。ボリュームアップや形の美しさはもちろん、今まで通りの感覚を維持したいと希望するなら、脂肪注入治療法で胸を大きくしましょう。脂肪注入法はメスで皮膚を大きく切開することはなく、数ミリ程度の小さい穴を開けるだけで済みます。身体にかかる負担が少なく、神経を傷つけるリスクもありません。入院する必要がなく、約2時間の日帰り手術を受けるだけで自然に胸を大きくすることができます。

定着率が高いのは

胸の脂肪注入治療法は、施術方法によって脂肪の定着率に差が生じます。例えばコンデンス脂肪注入法や幹細胞注入法は、スタンダードな注入法よりも脂肪の定着率が高いので、ボリュームアップしたバストを長く保ちたい方にぴったりです。一般的な方法だと0.5カップから1カップのサイズアップが可能で、定着率は30%から40%前後になります。いきなりバーンと巨乳化するシリコンバッグ法にはない、ナチュラルさが魅力です。一方、幹細胞やコンデンス法は1カップから2カップのサイズを上げることができます。定着率も80%と高く、予算に余裕がある方は積極的にグレードアップ施術を選んでいます。費用との兼ね合いもあるので、担当医ともよく相談して施術方法を選びましょう。選択肢の多さもこの豊胸術の魅力の1つです。

安全に除去できる方法

婦人

医療機関で刺青を除去する場合、レーザーと手術という選択肢があります。最近のレーザーは除去効果が高くなり、痛みも以前より圧倒的に弱くなっているので、手術の代用として選ばれることが多いです。何より傷跡が残らないので、肌露出の多い方に適した治療法と言えるでしょう。

Read More..

乳首周辺の悪臭を消す

ウーマン

チチガはワキガと同じようにアポクリン腺の影響で、乳首の周辺から悪臭がする症状を言います。手術で治療できますがリスクがあるため、高周波やマイクロ波を照射したり、ボトックス注射を使ったりする方法に人気があります。

Read More..