乳首周辺の悪臭を消す|胸に脂肪注入ぢてバストアップを図る|新技術でボンキュッボン
女性

胸に脂肪注入ぢてバストアップを図る|新技術でボンキュッボン

乳首周辺の悪臭を消す

ウーマン

手術と電気凝固法

ワキガの主な原因となるアポクリン腺は、陰部の周辺や乳首の周りにも多数存在しています。ワキガと同じように陰部が臭う症状がスソワキガ、乳首周辺から悪臭がする症状がチチガです。ワキガの方は体質的にアポクリン腺が多いため、スソワキガやチチガにもなりやすいと言われています。チチガは手術で治療することもできますが、乳輪が変形したり乳管が切断されたりするリスクがあり、傷跡も長く残るため、現在ではあまり行なわれていません。電気凝固法という治療法は、細い針を刺して電気を流し、アポクリン腺を凝固させるもので、手術よりリスクが低く傷跡も残らないのが特徴です。ただし数回の治療が必要で、効果は永続的ではないと言われています。

高周波やマイクロ波の照射

メスを使わないチチガの治療法としては、高周波やマイクロ波を照射してアポクリン腺を破壊する方法があります。現在のところ、レーザーはチチガ治療には向いていないとされています。これらの方法は1回で治療が終わり、効果は半永久的に続くため人気があります。切開しないので傷跡が残らず、ダウンタイムが短いというメリットもあります。より体への負担が少ない治療方法として、ボトックス注射が挙げられます。効果は半年〜1年ほどしか続きませんが、リスクは最も低く気軽に施術を受けられます。チチガの臭いは本人は気づかないことが多いものですが、逆に大した臭いではないのに気にしすぎている場合もあります。まずは専門のクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。